Dmuseumへの行き方と実際に行った感想は?ソウルのお洒落美術館

こんにちは、Rieです!


今回は私が大好きなソウルの漢南洞(한남동)(ハンナムドン)にあるD MUSEUM(ディーミュージアム)を紹介をしたいと思います。



まずD MUSEUMとはどんなところかというと、、、
2015年にミュージアムがオープンしてから、カップルでのデートスポットになったりお洒落な人たちが集まる場所としてSNSで話題となった美術館で、とにかくフォトジェニックです!
現代アートが中心のお洒落な空間で私の大好きな場所です。


このミュージアムは『RePlace漢南』という複合施設の中の一部なんです。


日本ではここで行われた「YOUTH」という展示でこの美術館を知った方が多いのではないでしょうか?
私もそのうちの一人です。
BIGBANGのメンバーがインスタグラムにこの展示を見に行ったことを投稿し、特にファンの中では話題になりましたよね。
韓国らしいネオンやグラフィックなどの現代アートがかっこよく、とても話題になりました。

・駅から歩いて行けるの?
・道順は?
・展示内容は?
 
など実際に行った時の写真とともにお伝えします!

実際の行き方は?

実際に行ってみました!



地下鉄は3号線玉水(옥수)(オクス/オッス)駅」です。
韓国の地下鉄は線ごとに色がついています!
3号線はオレンジの線ですよ^^
駅からはバスやタクシーでも行けますが、歩いていけます!
私はいつも玉水駅から歩いていきますよ〜


道順はとっても簡単です。
ほぼ大通り沿いにひたすら歩きます


まず地下鉄3号線玉水駅の4番出口を出たら大通りに沿って右に向かいます。
段差と坂道をひたすら登ります。
ずっとまっすぐ進んでください。
進んで行くと右手に玉井小学校(オクジョン小学校)が現れて、さらに進んで行くと玉井中学校(オクジョン中学校)があります!
この2つの学校はかなり目印になると思います^^


坂と階段を登りきると大通りに突き当たりますので左に曲がります
この角にはガソリンスタンドがありますよ〜!


そのうちこんな不思議な道が出てきます。

また坂道です、、、
しかもここの坂は結構急です。
ひたすら登ったり降ったり〜。


さらにひたすら進んだらバス停を右に曲がり、到着です。


THE HILLという建物が見えているはずです。
ちなみにこの建物は韓国の多くのセレブ達が住んでいる超高級マンションですよ^^
D Musemと隣り合わせで、THE HILLの敷地の入り口には警備員さんがいたりしてかなり厳重なセキュリティがあるのがDMuseumの入り口に向かう際にも見えますよ。



さて、オクス駅からD Musemまではこのような道のりで行けます^^
道順は結構簡単ですよね!
徒歩20分くらいですがゆっくり歩いてると30分くらいかかってしまうかも(笑)
坂や階段が多いので歩きやすい靴を履いて行ってくださいね^^
高いヒール等履いていると少し大変かもしれません(^_^;)



ハンナムドンは明洞などのザ・観光地という感じではなく閑静な住宅街です。
様々な国の大使館も周辺にたくさんあって外国の方もたくさん見かけます^^
途中色んなお店があったり学校があったりして、街並みを楽しみながら行けるので私はいつもこうやって徒歩を楽しんで行っていますよ〜^^
天気が良い日は本当にオススメです!

D MUSEUMに到着したら

まず外に並んでチケットを買います。
入り口のすぐ横に窓口があるのですぐ分かると思います!


入場料は、
大人は8000ウォン
学生(8〜18歳)は5000ウォン
子供(3~7歳)は3000ウォンです。
1000ウォン=100円なので大人は日本円で約800円ですね。


海外でスタッフさんと話すのって不安ですよね〜。
でもここは観光客のお客さんも多いので、韓国語が話せなくてもジェスチャーで「2」と表せば「2枚」と分かってくれますよ^^



中に入るとすぐにトイレとロッカーがあります。
荷物を預けることが出来ますし、飲みかけのドリンクを置く場所もありますのでうまく活用して身軽な状態で楽しんで下さいね。


ロッカーに荷物を預けたら、入り口から正面の階段を降りていけば展示が始まります。
この階段からアートが始まっているのでチェックです〜!

展示内容は?

私が行ったのは「PLASTIC FANTASTIC」と「Weather」です。



DMuseumでは基本どこでも写真を撮ってOKです!!
スマホやカメラの充電はバッチリにして行ってくださいね!
とにかく写真映えするように作られたスペースがたくさんありますので逃さないようにチェックしてみてください。
インスタでみんなの写真の撮り方をチェックして予習していくと、ベストな場所で写真が撮れると思います^^

PLASTIC FANTASTIC

多くの世界的クリエイターによる様々な形のプラスチックの展示です。
照明、家具、写真など様々なものがプラスチックで表現されていて、光が差し込むだけで綺麗に輝くプラスチックがとても印象的でした。
どこで写真を撮っても光が反射して綺麗でした。
これは入り口の階段ですが、階段からインパクトがあって、ここを降りたら展示会場に繋がっているって思うとワクワクしますよね〜!

PLASTIC FANTASTIC
PLASTIC FANTASTIC

Weather

視覚だけでなく、雨、風、雷雨を音や感覚で楽しむスペースがあったりして体感型の展示でした。

雲が浮いているような空間や、何枚ものパネルの外からカラフルな光が差していてパネルを自由に動かして差してくる光の動きを楽しめるスペース(写真2枚目)。
最初どんな空間か分からずにフラフラしていたら、スタッフさんが「パネル動かして良いよ〜」ってジェスチャーで教えてくれました(笑)
私はこの展示が一番好きでした。

weather
weather

体感型の展示というのが新鮮でとても楽しかったです。



美術館って普通は展示品を手で触れるのは禁止されているじゃないですか?
でもここは自分で展示品を触って動かして楽しんでみたり、自分の影や、自分に映される光や影を楽しんだり出来て、見て回るだけの美術館とは違ってとても新しくて年齢を問わず楽しめる空間だと思いました。



あ、人気のスペースでは順番に写真が撮れるようにカーテンで仕切られていたり、スタッフさんがスペースに入る人数を管理してくれていたりします
なので人がたくさん写り込んでうまく写真が撮れない!なんてことも本当に無かったんですよね。
とてもありがたかったです。

ショップでグッズをゲット

展示が終わった後は、出口の手前にあるショップで是非グッズを見てみて下さい。


ポスターやカード、ステッカーや文房具などその時の展示内容に合わせた色々なグッズが売っています。
私はステッカーを買ってスマホケースに貼ったりしています^^
お洒落なアイテムが多いので友人へのお土産にも良さそうです^^

まとめ

DMuseumの展示は定期的に変わります


やはり新しい展示が始まってすぐの週末などはすごく混雑するようなので注意してください。
あと、展示の切り替わりの時期は、ミュージアム自体がお休みになります。
気になる展示も期間が過ぎれば終わってしまいます。
旅行の日程との兼ね合いもあると思いますが、ぜひぜひ展示期間をお調べになってから足を運んでみて下さいね〜!



それと、このミュージアムは有名な外国人街、お洒落エリアの梨泰院(イテウォン)からもとっても近いです
ミュージアムの周辺にもレストランやカフェがありますし、イテウォンにもたくさんあるので、ミュージアムを楽しんだ後もぜひ周辺を散策してみてくださいね^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です