半沢直樹2|大和田常務の涙の理由は?半沢の味方?みんなの予想まとめ

みなさん、こんばんは!

 

最終回直前の第9話、みなさんご覧になられましたか?

今回もとっても熱い展開でしたね!

 

 

最後の箕部、中野渡頭取、大和田常務の3人の会食に乗り込んだ半沢が

1000倍返しを言い渡すシーン、

迫力がありすぎて見入ってしまいました。

 

 

そしてそのシーンでなぜか涙を流していた大和田常務、

その涙の理由はなんだったのでしょうか?

今回はそこをまとめてみました。

半沢直樹2|大和田の涙の理由は?

半沢が熱く銀行について語っているシーン、

気づけば半沢を睨みながらも涙を流している大和田常務がいましたよね。

 

なんで泣いてるの?とSNSでも話題になっていましたが

大和田常務役の香川照之さんが放送後にこんなツイートしていました。

 

 

台本には大和田常務が泣くシーンは入っていなかったのですかね。

気持ちが入りすぎて泣いてしまったのでしょうか?

 

みなさんの予想をまとめていきます!

半沢の銀行員としての姿に共感した

熱く半沢が語るシーン、

きっと大和田常務の胸に響いていましたよね!

 

 

大和田常務はなんだかんだ半沢の見方になってくれるようなシーンも多かったですし、

バンカーとしての熱い気持ちに心を打たれつつも

箕部たちに逆らえない悔しさとの見方がありました。

本当は一緒に戦いたい!という気持ちが

なんとなく見えましたよね。

 

大和田常務、実は良い人で味方してくれる人だと思うので

私もこれが理由かな〜と思いました。

 

半沢に土下座をさせる辛さ

これは一つ上の「半沢の姿に共感」というのと

少しかぶると思うのですが、

半沢の気持ちがわかるのに土下座をさせなければという辛さという意見です。

 

 

これもあり得そうですよね!

なんだかもう大和田常務は半沢の味方としか思えません。

 

土下座のトラウマからの涙

これは今までの自分の姿と重ねているような

険しい表情をしてからの涙だったことからの予想です。

 

確かに土下座となるといつも過剰に反応していますよね。

自分が土下座をさせられたときの悔しさを知っているからこそ

そう思ってしまいそうです。

まとめ

次回最終回の半沢直樹、

大和田常務の涙の理由が明かされるのでしょうか?

来週もとっても楽しみですね!

ここまでお読みいただきありがとうございました^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です